空の鳥保育園 ごあんない

空の鳥保育園は2019年4月に社会福祉法人ナオミの会 ナオミ保育園から新園として開園しました。
ナオミの会の「ナオミ」という名前はナオミ保育園初代園長がキリスト教の信仰に厚く、聖書の中に出てくる未亡人の名前「ナオミ」(ルツ記)よりつけました。
その空の鳥保育園の「空の鳥」は新約聖書マタイによる福音書の「空の鳥を見なさい。野の花を見なさい。思い悩むのはやめなさい」一人ひとりが大切でかけがえのない存在。
個性豊かに成長してほしいと言う願いから名付けられました。
人間としての土台を築く大切な乳幼児期を、保護者の皆さんと職員が一緒によい関係を作っていくことで子どもたちが安心・安定して成長していく “共育て”を大切にしています。

仕事と子育ての両立は忙しく、子どもが小さいと本当に大変ですが前向きな心で励ましあって、子育てをしていきましょう。