ナオミ日記

園便り 平成30年4月

2018.04.11

「ともだちいっぱい」 ようこそ ナオミ保育園へ!!


入園おめでとうございます。
ナオミ保育園の入園式に園児代表で年長組のすみれさんが参加、代表として誇りを持って新入園児を迎えてくれました。お父さん・お母さんに抱っこされて並んだ赤ちゃんを見て「ちっちゃい」といとおしそうな声がしました。乳幼児期を子どもらしく泣いたり笑ったり、時には思いをぶつけあってけんかになることもあるけれど、仲間とかかわりあって成長する子どもの時間を大切に過ごさせようと新たな気持ちです。
新入園のお父さんお母さん「ようこそナオミ保育園へ」雨風に悩まされる登園・降園もあります。子どもの成長と共に悩みも変化していきます。私たち職員がどれだけの力になれるかわかりませんが「共育て」を基礎に、共に子どもたちの成長を育んでいきましょう。
毎年めぐり来るこの季節は子どもたちを小学校へと送り、新たに子どもたちを迎え、卒園した子どもたちの進級や進路の便りが届くころです。「子どもたちが元気」の便りが職員の励みになっています。「早く大きくなーれ」と願うのですが、どうぞ“今”を大事に子育てを楽しんでください。
30年度新入園児は 0歳児15名
1歳児10名
3歳児2名
27名の新入園児を迎えました。ナオミ保育園園児数141名です元気に遊び、モリモリ食べ、いっぱい遊んで大きくなりますように。(藤巻)