ナオミ日記

園便り 平成29年6月

2017. 7. 7

平成29年度ナオミ保育園保育目標
5月職員会議で29年度の保育目標の検討を行いました。各年齢の発達は大きく変わるわけではありませんが、今年の子どもたちの特徴、今年度の課題などが検討されて各クラスから発表を受けて全体確認した内容が下記のとおりです。

保育理念
「お互いに愛し合いなさい」「いちばん小さなもの弱いもののためにつくしなさい」というキリストの教えを全ての基本とする。

保育目標
集団の中で力を合わせ、励まし合って成長し健康で心豊かな子ども。
・子どもとの信頼関係を大切にし、安心して自分が出せるように。
・友達への関心が育ち仲間と遊ぶことが楽しいと感じられるように。
・家庭的雰囲気を大切にし、外で思い切り遊ぶことが出来るように。
・集団遊びを通してルールがあることやルールを守って遊ぶことが楽しいことに気づくことが出来る。

すみれ
・たくましく遊べる子ども
・感動できる子ども
・基本的生活習慣をきちんとできる子ども
・約束が守れる子ども
・考えることができる子ども
・自分の考えや要求を言葉ではっきり伝えられる子ども
・話が聞ける子ども
・相手のことを思いやれる子ども
・頑張って最後までやり抜く子ども
・みんなで喜びあえる子ども。

ゆり
・生活の技術をしっかり身に着ける。
・仲間と一緒に楽しく遊ぶ。
・体験や経験を通して力をつける。
・自分の要求や思いを言葉で伝える。
・ルールを守って遊ぶ。

こばと
・毎日保育園に来ることが楽しい。
・生活習慣の確立を目指す。
・様々な経験を通して表現活動を楽しむ。
・友達とかかわる中で相手の気持ちに気づき、一緒に遊ぶ楽しさを知る。
・戸外遊びを十分にして自分の身体を使いこなすことができるようになる。

こすずめ
・基本的生活習慣を身につけよう。
・自分の思いを言葉で表現できるようになろう。
・イメージを共有しながら豊かに遊ぼう。
・楽しい思いを共有し、友だち関係を広げていこう。

たんぽぽ
・基本的な生活習慣が少しずつ分かり、保育士に見守られたり援助をされながら自分でやってみようとする。
・遊びや生活を通して日常生活に必要な言葉がわかるようになり、自分の要求を動作や言葉で表す。
・いろいろな活動を通じて保育士や友達と一緒に遊ぶ楽しさを味わう。
・保育者と関わる中でごっこ遊びや模倣遊びを楽しむ。

こりす
・よく食べ よく寝て、自分の感情を思い切り出そう。
・ひとり遊びをじっくりたっぷりしよう。

ひよこ
・よく食べ よく眠り 楽しく遊ぼう。
・大人との安定した関係の中で生活し、依存する気持ちが満たされるように。

保健
・たくさん遊び ・たくさん食べて ・たくさん寝る。基礎体力がつき、健康増進が図れるよう努める
・子どもの心身 ・発育 ・発達状態を把握し、一人一人の子どもの状態に応じて家庭と連携を図っていく
・年間を通して感染症の流行が拡大しないように職員、保護者に啓蒙していく
・感染症発生時保護者へ注意喚起(掲示板や連絡ノート等)と職員へ周知する
・家庭での感染症予防の対策について情報を提供する。

給食
・いただきます、ごちそうさまの意味を伝える
・友だちとの食事を楽しみながら良い食習慣を身につける
・旬の食材を取り入れ、行事や食文化を伝える献立
・作る喜び、楽しさを知っている子ども
・苦手なものでも頑張って食べてみようと思える子ども
・バランスの良い食事量が意識できる子ども。