上北台 こひつじ保育園
上北台こひつじ保育園ホーム
はじめに
クラスの紹介
開所時間
年間行事のご紹介
よくあるご質問
園のしおりダウンロード
各種届出書ファイル
各種おたより
お知らせ一覧
求人案内
所在地・連絡先・アクセスマップ
法人本部のご紹介
 
保育園での一日の様子を知りたいのですが。
園で行っている手遊びを知りたいのですが教えてください。
敷布団カバーなどは手作りのもののほうが良いのでしょうか?
家では食べ物の好き嫌いが多く困っています。園の給食ではどのような工夫をしているのでしょうか?
園ではどうして紙オムツではなく布のオムツを使用しているのでしょうか?
9時以降の登園はできますか?
お昼帰りはできますか?
     
保育園での一日の様子を知りたいのですが。
保護者の方にお子さんの園での生活の様子や保育を理解していただくために、お子さんのクラスに入り保育を体験する「保育参加」をおこなっておりますので、ご希望の方はご参加下さい。
また、0、1、2歳児クラスでは、個別の保育ノートに、その日のお子さんの様子や職員のかかわりなどを記入しております。3、4、5歳児クラスも各クラスの日計表の連絡事項欄で、その日の活動内容を伝えたり、個別には連絡ノートでお伝えするようにしております。職員は出来る限り保護者の方と直接お話しできるように心がけていますので、いつでもお声をかけて下さい。
>> TOPへ戻る
園で行っている手遊びを知りたいのですが教えてください。
クラスだよりや懇談会などで手遊びや絵本の紹介をしています。懇談会では参加された保護者の方と一緒に手遊びなどを行ったりしております。いつでもお教えしますので、クラスの職員にお声をかけて下さい。
>> TOPへ戻る
敷布団カバーなどは手作りのもののほうが良いのでしょうか?
必ずしも「手作りのもので・・・」という訳ではございません。出来れば手作りの方がお子さんには布の絵柄で自分のものであることが良く解り、職員もすぐに誰のものかが解るので良いと思います。市販のものの場合は同じものが多くなると区別がつき難くなるので、間違えないためにも目印となるものを付けていただけると良いと思います。
>> TOPへ戻る
家では食べ物の好き嫌いが多く困っています。園の給食ではどのような工夫をしているのでしょうか?
園では栄養士が子どもたちの食事中の様子を巡回して把握し、好きな食べ物と苦手な食べ物とを組み合わせ、いろいろな食品を食べてもらえるように工夫して献立を立てています。家庭では食べられないものでも、園ではみんなと一緒に楽しく食べるという食事環境の中で励まされながら、少しずつ苦手なものも食べられるようになった子もいます。園とご家庭で連絡を取り合い、ご家庭でも食べられるようになると良いと思っております。
>> TOPへ戻る
園ではどうして紙オムツではなく布のオムツを使用しているのでしょうか?
当園の布オムツは保護者の方からは使用料金は徴収せず無料で貸与しています。
子どもの排泄の自立、お子さんとのスキンシップを大切に考えているため布のオムツを使用しております。布おむつを使用することはお世話する大人にとっては「子どもの便の様子に敏感になる」「おしっこの回数を把握しやすい」などの長所があり、子どもにとっても濡れた不快感を実感できることが排泄の自立へとつながっていきます。また、一日に何度もあるオムツ交換の時間はお子さんへの言葉かけや肌の触れ合いが密にとれる大切な時間と捉えています。さらに紙おむつのようにゴミとして処分することもなく環境にやさしい配慮にもつながっていると思います。
>> TOPへ戻る
9時以降の登園はできますか?
園でのお子さんの生活(午前中に園外への活動、散歩なども多い)を考えて朝は9時までの登園をお願いしております。しかし、通院などの場合は給食の食数把握のために、事前に園にご連絡を頂ければ10時までの登園をお受けしています。
>> TOPへ戻る
お昼帰りはできますか?
出来ます。お昼帰りを希望される方は、事前にご連絡をして頂いたうえで、クラスの活動に影響しないお昼寝に入る前の時間帯(0、1、2歳児クラスは12:00頃 3、4、5歳児クラスは12:30頃)にお願いしています。
 ※緊急の場合はその都度対応いたします。
>> TOPへ戻る