社会福祉法人ナオミの会 西東京市立ほうやちょう保育園
子どもたちのようす
こんなに大きくなりました!!
[2019/09/26]


一昨年、ご近所の方からいただいて育て始めたカブトムシが卵を産み、幼虫になり、蛹になり、成虫になって…玄関で毎日子どもたちを楽しませてくれました。
一生を終えて、土だけ残った飼育箱を見ると、今年もまたたくさんの卵を産んで命をつなぎ、再び育てていく楽しみを与えてくれました。
たくさん産まれたので、保育園の子どもたちの家庭に里子に出した幼虫もいます。お迎えの時など、事務所に顔を出してくれて、「幼虫がすごく大きくなったよ!」と成長の様子を伝えに来てくれることも楽しみの一つになっています。
昆虫マットを交換する度に、大きく成長した幼虫を目にし、ワクワクしながら、立派なカブトムシになる日を心待ちに、大切に育てていきたいと思います。




社会福祉法人ナオミの会 法人本部