社会福祉法人ナオミの会 西東京市立ほうやちょう保育園
子どもたちのようす
料理保育!
[2018/07/06]


先月、4,5歳児クラスが畑に行って掘ってきたじゃが芋を使ってそれぞれのクラスで“ポテトサラダ”を作りました。
4歳児めろん組さんは、じゃが芋を洗ったり、茹でたものを自分たちでマッシュしました。ホクホクのじゃが芋をぎゅっぎゅっとマッシュし、潰れていくじゃが芋を見て「おいしそう!」と声を上げていました。
5歳児すいか組さんは、包丁を使って自分たちでじゃが芋を切ることにもチャレンジしました。包丁を持つと途端に真剣な表情になり、集中して力を込めてじゃが芋に包丁を入れ、切れた時にはホッとした表情に変わりました。
マッシュしたじゃが芋にその他の材料を加え、マヨネーズで和えていくとおいしそうな“ポテトサラダ”が完成しました。

自分たちでじゃが芋を掘りに行くところから始まり、洗ったり切ったりマッシュしたりと、様々な工程を給食の先生にも手伝ってもらいながら行い、出来上がった時にはとても満足した様子の子どもたちでした。
もちろん最高においしい“ポテトサラダ”だったことは言うまでもありませんね!



社会福祉法人ナオミの会 法人本部