社会福祉法人ナオミの会 西東京市立ほうやちょう保育園
保育理念 年間行事 園の1日 園のきまり
持ち物 子育て支援 園のしおり 各種おたより
おしらせ

子どもたちのようす

はじめに

社会福祉法人ナオミの会は、1954年(昭和29年)世田谷の等々力にて資金のない女性たちが、「親たちが安心して仕事が出来、子どもたちがのびのびと楽しく過ごせる環境、一人親家庭であっても自立して生活していける基礎」を私たちの手で作ろうと、ナオミホーム(母子生活支援施設)、ナオミ保育園を創設いたしました。そこを拠点とし現在は、「りんごの木」「ぶどうの木」2つの分園と、東大和市に「上北台こひつじ保育園」、そしてこの西東京市にナオミの会が初めて公設民営園の運営を受託し3年目を迎えました。
子どもたちには「愛される喜びと愛する喜び」を伝え、私たちは"目に見えないもの"を大事にし、"目に見えないもの"を育てることに全力を注いでいきたいと思います。
保育園の概要

名称: 社会福祉法人ナオミの会
西東京市立ほうやちょう保育園
住所: 西東京市保谷町3ー13ー1
電話: 042ー465ー1340
FAX: 042ー465ー2800
開園: 平成元年 3月(旧保谷市立ふじ保育園より)ほんちょう保育園として移転
合併により改名  平成13年 1月(西東京市立ほうやちょう保育園)
公設民営化により 平成26年4月1日より社会法人ナオミの会運営受託
園舎: 敷地面積(1182.25m2)建物面積(599.85m2



社会福祉法人ナオミの会 法人本部